オートドアゼロは、省エネより一歩先の未来の扉を開く優しく安全な商品です。
電気を使わないので停電時にも稼働出来ますし、ランニングコストも低減、二酸化炭素も排出しません。
また、「JIS1551」に準拠したテストで高耐久も立証され、幅広い分野で利用できます。

扉が開閉する仕組み


床面に埋め込まれた踏み板に体重を掛ける事で、床下に設置されたパンタグラフ式の 機構部が下がり、それに連動して押下棒も下がります。押下棒への下がる力が斜めの 棒に伝わり、扉が開く仕組みになっています。(踏み代20mm)
30kgまでの片引き戸なら荷重20kgで開き始めます。 最小荷重に満たないお客様がご利用の場合は、手動での開閉が可能です。

オートドアゼロの基本構造 (NADZ-S仕様)

基本仕様

タイプ 片引戸タイプ
NADZ-S(片引標準)
引分戸タイプ(車いす対応)
NADZ-W(引分標準)
開閉動作圧力 20kg以上200kg以下 30kg以上200㎏以下
踏み台ストローク 20mm 20mm
開口部寸法 高さ2,000mm×開口950mm 高さ2,000mm×開口1,500~1,700mm
有効開口 850mm 1,300mm~1,500mm
踏み板寸法 幅560mm×長さ974mm
(フラップ含寸826mm×1,240mm)

幅750mm×長さ1,500mm
(フラップ含寸1,256mm×2,006mm)
ドア重量 30kg以下 1枚当たり 30kg以下
最少荷重 20kg
(使用する引き戸重量によって異なる)
30kg
(使用する引き戸重量によって異なる)
その他 踏み板仕上げ、サイン、錠はオプション

導入事例

オートドアゼロは様々な店舗・公共施設等でご利用いただいております。